駆け出し経営者の診断日記

 
 

一次試験、終了

  1. 02:23:03
2007年8月5日(日)

暑い戦いが終わった。
教室に冷房が効いているとはいえ、真夏の試験は体にこたえる。
それでも、二日目の感触は、悪くなかった。

法務はボリュームが多く、見直す時間はほとんどなかったが、
確実に「解けた」と思った問題だけで、足切りはクリアできた気がする。

情報は、例年どおりの難度だったので、まあ、70〜80点は取れていそうだ。

最終科目の中小は、いくつか全くわからない問題もあったが、
まあ想定の範囲内だった。
この科目は問題数が多いとはいえ、
「知っているか知らないか」で決まる問題が多いため、
他の科目に比べて解答にはさほど時間がかからない。

にもかかわらず、制限時間は90分あり、終われば帰れる最終科目であることから、
かなり早い時間から答案を提出して退出する人が多い。

私の部屋でも、退出開始の30分経過後から、驚くほどの勢いで続々退出していった。
その中で、昨日の財務の失敗が頭に残っていたこともあり、
私は慎重に選択肢を選んでいった。

結局、70分経過ぐらいで答案を提出し、
勉強会仲間との待ち合わせ場所である大学の中庭に到着したのは、
自分がラストだった。

勉強会の打ち上げは、東京会場の一つである立教大学がある、
池袋駅近くの居酒屋である。
我々の会場からは、1時間以上かかる。

昨日に続き、会場出口で解答速報をもらい、
池袋に向かう電車の中で、課題の法務の答え合わせをした。

仲間と雑談しながらだったので、綿密にはチェックできなかったが、
どうも驚くほどカンが当たっていたようだ。

「アルコール効果だ」・・・と思った。
合格を確信した瞬間でもあった。

打ち上げにはほぼ全員の受験生と、多くのOBが集まった。
その中で、一つめの目標をゲットした達成感を味わいながらも、
「いよいよ本番だ」という緊張感が高まっていた。



 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約