駆け出し経営者の診断日記

 
 

解答、発表

  1. 03:44:30
2007年8月6日(月)

試験翌日のこの日の夕方、診断協会から解答と配点が発表された。
例年より早かった。
翌日に発表されるなら、不確かな受験校の解答速報で一喜一憂するより、
こちらを待つ方がよかった、と思った。

自分の解答は持ち歩いていなかったので、
この日は終業時刻を待ってそそくさと帰宅し、
早速採点をしてみた。

試験前には考えられない結果となった。
経済:72点(目標60点)
財務:68点(目標75点)
企業経営:64点(目標75点)
運営:76点(目標70点)
法務:83点(目標60点)
情報:76点(目標70点)
中小:78点(目標70点)
合計:517点(目標480点)

課題3科目である経済・法務・中小は、目標を大幅にクリアした。
最終詰め込みの効果を実感した。
特に、法務は二者択一に絞ってから「えいや!」と選んだ選択肢がことごとく当たった。
足切りを心配していたのに、全科目で最高得点だ。
アウトプット演習や模試では、60点すら超えたことがないのに。

「酒のおかげだ」と、もう一度思った。
でももちろん、それだけではなかろう。
事前に過去問や練習問題を繰り返し解くうちに、
正解を嗅ぎ分けるカンを身につけたような気がする。

逆に、自信のあった企業経営は練習不足のため、
そのカンがまったく鈍っていたようだ。
なんと、全科目で最低点であった。
アウトプット演習や模試では、70点を割ったことがなかったのに。

一発勝負である本試験では、何が起こるか予測できない。
計算しやすい一次でも、ここまで予測できなかったことが起こる。
ましてや二次については、「想定外」が当たり前のこととなるだろう。
最後まで全速力で駆け抜ける重要性を再認識し、
身が引き締まる思いであった。

一方で、高得点で一次を突破することができたことで、
一次とはいえ学習計画の立て方に自信を持つとともに、
気分は高まっていた。
この時期に一次に集中したことで、ハイテンションを維持できている。
二次を3週間休んだことも、いい意味で緊張感につながっている。

早速この日の夜から、二次の学習を復活した。
このまま、10月21日まで突っ走れる気がしていた。




 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約