駆け出し経営者の診断日記

 
 

過去問中毒

  1. 12:55:10
2007年9月1日(土)

宿題は残っているとはいえ、税務調査からようやく解放され、
昨晩は5日ぶりに過去問に対峙した。
気がつくと、いつの間にか9月になっていた。

この日のねくすとでの事前解き事例は、平成15年事例?だった。
事例?の中では今までに一番時間を使っているはずだが、
なかなかしっくりくる解答にならない。
また、だいぶ時間をかけてしまった。

たった5日間だが、過去問に接するのはずいぶん久しぶりの気がした。
ちょっと新鮮な気持ちで、与件に取り組むことができた。
過去問に対して、禁断症状が出かかっていたのかもしれない。

そういえば、昨年合格したOBが、
試験が終わった後でも中毒のように過去問に向かいたくなった、といっていた。

でも、それに比べれば、自分は大したことはない。
振り返ってみると、税務調査のフォローを終えて遅くに帰宅して、
風呂上りのビールは飲んでも事例に向かうことはなかった。

酒の場合は、一次試験前でさえ2日断ったのが最長だったのに、
今回過去問は4日間も断ってしまった。

「自分へのコミットメントがまだ足りないのかな?」とも考えたが、
とにかくこういう状況でも、勉強会の準備をしている自分もいる。
こういうことは、うだうだ考えずに前に進むに限る。

午前中の討議のあと、
午後は平成18年事例?のその場解き、および討議。
夜は疲れた頭で財務初見問題のその場解き、
といういつものパターンを終えた。

いつものように疲れきった仲間と電車に乗り、
いつものように一駅過ぎるごとに乗り換えで少しずつ人数が減る。
自分の乗換駅に達するときには、10人ぐらいいた仲間が2−3人になっている。

こんな、お決まりのようで、実は周りから見ると異常な集団行動も、
あと7回でとりあえず終わりだ。

「それまでに、過去問の中毒になれるかな?」
合格のための、ひとつのメルクマールのような気がした。





 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約