駆け出し経営者の診断日記

 
 

企業診断 1月号

  1. 14:29:59
今週発売される「企業診断」 2010年1月号に、
診断士試験についての僕のインタビュー記事が掲載されます。

インタビュアーのホリケンさんの筆力が高く、
言いたいことは短い記事にほぼ網羅されていました。

一方、もっと婉曲的な表現をしたつもりでしたが、
紙数の制限のためか全体的に断定調の表現になっており、
「上から目線」的になっていないか、少しだけ不安です。

まあ、自分ではそういうつもりはありませんが、
もともと「えらそう」な態度に見えるらしいので、
そのまま地が出てしまったのかもしれませんが・・・

本屋さんで見かけたら、立ち読みしてやってください。
もちろん、ご購入いただけたらとてもうれしいです。

企業診断 2010年1月号

 
 
 
 

来年、本気で合格を目指す方へ

  1. 17:00:35
二次試験に合格された皆様、
心からお祝い申し上げます。

残念だった皆様、
モラトリアム期間は最小限に抑え、
来年の試験に向けてスタートを切ってください。

僕の所属するねくすと勉強会では、
今年も多くの合格者を輩出しました。

来年度の会員募集にむけた説明会(オリエンテーション)を、
来週水曜日(12月16日)に開催します。
説明会では、今年の合格者の受験への取り組みも紹介されます。

会員募集は原則年一回で、
この説明会への参加が必須条件になっています。

来年の合格を本気で目指している方々の
参加をお待ちしております。

日 時: 2009年12月16日(水)19:30〜21:30
場所:東京しごとセンター地下2階講堂
東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号

詳細および申込方法は、下記HPをご参照ください。
http://next.shindanshi.biz/


 
 
 
 

シャンパーニュ

  1. 15:38:17
昨日は、ブルゴーニュからシャンパーニュに車で移動し、
エペルネの町でモエ・エ・シャンドンの
本社カーブ(地価倉)を見学してきました。

20年前に訪れたときよりずっと観光地化しており、
当時は無料だったカーブ見学も有料になっていましたが、
その代わりにシャンペンの試飲と
日本人ガイドによる説明がつくようになっています。

エペルネの町の地下は、
シャンペンの倉庫のための地下室がつながっており、
モエ社だけで28キロに及ぶ地価倉を保有しているそうです。
我々の口に入るモエ社のシャンペンは、
すべてここで熟成されています。

説明を聞き、
なぜドンペリの値段が高いか納得しました。
決してナイトクラブの稼ぎにするためではありません。

モエ・エ・シャンドン本社
モエ・エ・シャンドン本社


ドン・ペリニョンの像
ドン・ペリニョンの像

熟成途上のドンペリ
熟成途上のドンペリ

 
 
 
 

ヨーロッパ旅行中です

  1. 15:42:30
先週末から休暇をとり、
1週間のヨーロッパ旅行中です。

今回は、20年前に駐在していたフランクフルトを起点に、
何度も通いつめたブルゴーニュ・シャンパーニュ経由で
パリから帰国します。

昨日は、8年ぶりにブルゴーニュの畑を回り、
特級街道(Route des Grands Crus)を走りながら
ワインも少々買出ししてきました。

僕のハンドルネームであるNoirは、
この地方の赤ワインに使われるぶどうの種類である
Pinot Noir に由来しています。

ロマネ・コンティの畑にも、
久しぶりに寄ってきました。
季節柄か、他の観光客には遭遇せず、
ゆったりとした時を過ごすことができました。

このワインは、
その名前を知った30年前から価格がどんどん高騰し、
今ではとても手が出ないものになってしまいました。

でも、いつかは一口でいいので飲んでみたいものです。

今日はシャンパーニュ地方を回って、
パリに入ります。











 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約