駆け出し経営者の診断日記

 
 

答案返却(2)

  1. 01:33:42
2007年8月26日(日)

V社からの帰路、電車の中でA部先生の別れ際の言葉を反芻していた。
「合格まであと一歩なので、自分の課題に集中してがんばりましょう」

自分の課題とは?
今日、W社でしでかした大失敗と、
返却された添削答案のミスは、課題が異なる気がした。

W社での失敗は、方向性自体の読み違いだ。
これは抜本的なところでの知識か、思考パターンに欠陥がありそうだ。

一方、返却答案は、事例?と?が相変わらず合格点に到達していない。
これは過去の模試でも、Z社アウトプット演習でも、ほぼ一貫していた。

方向性については、事例?に限らず読み違える恐れがあるので、
最重要課題としてブラッシュアップに努めていくしかない。

事例?と?については、前から考えていたように、
V社の最終講座に申し込むことにしよう、と気持ちが固まった。

家に帰り、インターネットで申し込みフォームを読み込み、
その場で9月9日の事例?、および16日の事例?の、
V社最終講座への参加を申し込んだ。
9月23日、V社第4回模試の直前講座になる。

最終講座の2日間は、Z社のアウトプット演習と重なっていたが、
Z社は添削がないし、練習問題と解説講義の録音CDはあとからもらえるので、
自習することとした。

本番まであと2ヶ月弱、今さら金に糸目はつけられなかった。
それより、限られた可処分時間の使い方が、いよいよ大切になる。
V社に行ったからといって、何かヒントがつかめるという保証はない。
でも、少しでも可能性が高い道を選びたかった。



 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noir194.dtiblog.com/tb.php/159-ef84e590
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
「ふぞろいな合格答案」いよいよ発売!
「ふぞろいな合格答案」いよいよ発売!
ホームへ
ホーム
税務調査
税務調査

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約