駆け出し経営者の診断日記

 
 

一次模試の活用

  1. 10:13:37
2008年6月29日(日)

週末の2日間にわたりX社の模試を受験された方々、お疲れ様でした。

試験日までカウントダウンモードに入り、成績も気になることと思います。
でも、言うまでもなく目指すべきは本試験の合格であり、
模試での好成績ではありません。

残された可処分時間をなるべく効率的に活用するためには、
やるべき課題に優先順位をつける必要があります。
模試は、その課題を見つける絶好の機会です。

優先順位とは、
? 40点以下の足切り科目を絶滅する
? 60点以上の合格科目を一科目でも増やす
? 合計点で、平均60点以上を確保する
といったことです。

もちろん最終的には?を目指すわけですが、
足切りがあればどんなに平均点が高くても合格できません。
また、得点が低い科目ほど、向上の余地は大きいわけですから、
同じ時間を活用するには点数の低い科目の方が効率が高い、という理由もあります。

特に、暗記科目の側面が強い中小や法務などは、集中的な追い込みが効きますが、
財務や経済といった科目は積み重ねが必要なので、
もし足切りの恐れがある場合は、今からでも毎日学習時間をとるべきと思います。

また、模試を受験してみると、
普段自分が「できる」「できない」と感じている科目と、
実際の模試での得点や順位とのギャップを感じることがあります。

こういった結果を、「受験コンサルタント」の目で分析し、
自分に対してのアドバイスを考えてみてはいかがでしょうか?

試験日がどんどん近づき、当事者としてはなかなか冷静になれないかもしれません。
でも、このような学習戦略を立てることも、
二次試験に向けての重要なステップだと思います。


 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://noir194.dtiblog.com/tb.php/166-0acd2071
 
 
 
 

DTIブログって?

  1.  
 
 
脱メタボへの道(中間報告)
脱メタボへの道(中間報告)
ホームへ
ホーム
過去問中毒
過去問中毒

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約